×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 TOP PAGE  


 
花春間舎
狭い路地の奥には若い夫婦が経営する小さな宿があった。夢を追いかけ古い民家を改築しオシャレな宿へと生まれ変わっていた。まだまだ長い人生を宿に来る旅人たちと生きていく。
共通の趣味をもつ者たちが、いつしか集まり旅の話に花を咲かせては去っていく。一夜限りの旅話を毎日遅くまで客と語りあう。素晴らしい時間が流れる。夜でもにぎやかな中心街とは違い、水郷の穏やかな流れに映る月とキャンドルの揺らめき。人生というのは不思議なもので夢を見ている人たちだけがたどり着く場所があるようだ。また泊まりに行こう花春間舎へ
 
 
★UNE-UNE GRAFFITI ALL RIGHTS RESERVED★