TOP PAGE  


 
KarmaWat
密林に消えた文明。神々が交差する道にある入り口は過去と未来、地球と宇宙、神と悪魔、真実と嘘を見極める扉。この世の全ては宿命。生まれるのも消えるのも宿命。肉体を変え魂は長い長い旅を強いられる。穢れを知らぬ人たちに見捨てられ消された文明の中にで聞こえる静寂な鐘の音。一度捨てたはずなのに もう忘れたはずなのに、もう振り返らないと決めたのに時が経てば また追い求める。人間とはなんと勝手な生き物なのか。そしてまた祈りに身を捧げる日々が始まる。そしてまたいつか 見捨てるのだろう。あの日のように。
 
 
★UNE-UNE GRAFFITI ALL RIGHTS RESERVED★